本業と副業の両立

@rokuです!

いよいよ”一五録”がスタートしました。

本業(一)に対して、副業は(五)!

本業に対し、五倍の収入を目標に副業の活動を始めます。

といいながらも、すぐに大金を手に出来るような副業はありませんし、コツコツ稼ぐのであれば、どこかでアルバイトするのが一般的です。

ネットでポイントを貯めお金に変えたり、ヤフオクのようなモノを売る商売もあります。そのほかにも、副業には色々な種類があります。

・本業とは違う会社で働く仕事、将来の起業を目指した自営仕事。

・外で働く仕事、自宅で働く仕事。

・頭を使う仕事、体を使う仕事。

・決められた時間に働く仕事、フリータイムで働く仕事。

・対面対人の仕事、一人の仕事。

・すぐにお金がもらえる仕事、なかなかお金がもらえない仕事。

・簡単に始められる仕事、専門的な知識が必要な仕事。

このように様々な仕事があるわけですが、いずれの仕事であっても、

本業を継続しながらの副業は楽ではない!

というのが当然のようにあると思います。

本業の仕事に加え、副業を行うわけですから、何かを犠牲にしなければ副業を行えない、はずです。

また特に私のように、これまでサラリーマン人生をどっぷり浸かってきた人間にとって、

①ライフサイクル(平日と休日の過ごし方)

②会社/上司/同僚/部下との付き合い方

③家族との時間

④趣味の時間

⑤睡眠時間

これらの習慣や対応が体に染みついています。

しかしながら、副業を行うとなると、今までの生活習慣、人との付き合い方、時間の使い方、など、少しづつ変えていく必要があります。

(願わくば、③④⑤の時間は変えたくありませんね。睡眠しながら副業ができれば一番良いのですが。。)

このように考えると、特に、

”時間の管理”が非常に重要な要素である!

ということがはっきりわかってきます。当然の事なんですが。。

副業を始めようと考えると、副業のことばかりに気を取られ、本業もダラダラ働いてしまうのではないでしょうか。

副業の時間を増やすために、ライフサイクルをどのように変え、本業やマイタイムの時間をどれだけ削減し、どれだけ効率よく行えるか。

・会社での仕事を、残業しない時間帯(就業時間内)で、いかに素早く、生産性の高い仕事を行うか。

 →17時にはさっさと帰る(もちろん、アフターファイブの無駄なお付き合いはしない!です)。

・副業を行う時間を、1日の中でどう割り当てるか。

 →自分のライフサイクルの中で最も副業がはかどる時間帯を割り当てる。

・週末、副業を行う時間を設ける。

 →家族との時間、趣味の時間を考え、時間の空きがないかを見直す。

私の場合、朝型?夜型?のどちからと言われると明らかに朝型ですので、

~平日の場合~

帰宅後、(可能ならば)夕食前の1時間、夕食後or入浴後の1時間。そして翌日の朝、朝食前の1時間。

~週末の場合~

朝、出来るだけ早く起床。朝食前の1~2時間。午前中の2時間。そして、夕食前の1時間、夕食後or入浴後の1時間。

人それぞれ、ワークライフバランスが違いますので、個人差があると思いますが、平日は2~3時間、週末は5~6時間という時間を副業に当てるのが理想(精一杯)ではないでしょうか。

本業の場合は、8時間×5日=40時間

副業の場合は、(2時間×5日)+(5時間×2日)=20時間

という計算になります。本業で働く時間よりも副業で多く働く、ということは難しいですね。

~まとめ~

本業と副業を両立することは、

・時間の管理がとても重要である。

・本業を効率よくこなし、速やかに帰社する。

・平日と週末の副業出来る時間の割り振りを自分のライフスタイルに合わせて考える。

次回は、私が考える、”理想の副業カテゴリ”について書きたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。それでは、また。(@^^)/~~~

いつも元気で笑顔でありたい! by @roku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です