満点☆青空レストラン ”絶品 お取り寄せ(九州-1)”

~全国の生産者応援企画~ 日本の食を応援しよう!

過去に取り扱った食材の中から、今 自宅で楽しめる”絶品お取り寄せ”をご紹介!

「日本テレビ 満点☆青空レストラン」九州応援スペシャル2020.5.16放送より

うっ、うわー、うまーーい!!なにこれー!うまっ!!!

INDEX;

1. アシアカエビの味噌漬け(熊本県芦北町)

熊本県芦北町の名産品”アシアカエビの味噌漬け”

~食材の特徴~
・鮮度が落ちやすく、全国に出回らないクルマエビの仲間
・身はプリプリで上品な甘さが魅力
・不知火海に生息するアシアカエビは驚きの漁法で収穫される
・芦北町伝統のうたせ船漁(風と潮の力で網を引き海底に潜むアシアカエビをとらえる)

(アシアカエビの味噌漬け/米味噌・みりん・砂糖を合わせた秘伝のタレに一週間漬けた逸品)
ウワァー!うまいっ!うわっ!このお味噌の味!

2. あか牛(熊本県産山村)

肉本来の旨味を楽しめる最強の赤身肉!あか牛”

~食材の特徴~
・在来牛とシンメンタール(スイス)を掛け合わせて産み出された。
独自の飼育方法でうま味満点の赤身肉を作る。
・牛舎の裏に東京ドーム6ヶ分の巨大な放牧場があり、あか牛をのびのびと育てている。

(あか牛の炭火焼を賞味)
うわーあーー!うわー、ウマーい!!全然違う赤身のうまさ!肉汁の力強さ!

3. 本葛/ほんくず(鹿児島県鹿屋市)

700年前から食される日本の伝統食材”本葛/ほんくず”

~食材の特徴~
・廣久葛本舗の名人は鹿児島県で本葛専門に取り扱う。
くずもち、くずきりの材料に使われているのが本葛。
・世の中に出回っている商品の多くは、他のデンプンで代用されている
・本葛の正体を知らない人が多い。
・くずの正体は、ツル性植物、葛の根っこの部分
・葛の根を砕いて、1年半以上かけて葛粉を作る。
粘りやのどごしが全然違う

(手作り葛餅セットを調理して賞味)
うわー!う”ーーーーーーーーん!うまーーーーーーーーい!!!本葛なんで葛の味と香りがすごくありますね。こんなん家で作った味とちゃいますよ!

4.高菜漬け(福岡県みやま市)

福岡県民が愛してやまない漬物”高菜漬け”

~食材の特徴~
高菜はカラシ菜の一種
・強烈な辛みと香りを持つため生食には向かない。
・塩漬けにし、約3ヶ月乳酸発酵させると独特の酸味と旨味が生まれる。
・醤油と昆布のダシに漬け込めば高菜漬けが完成。

(ご飯の上に高菜漬けを載せて賞味)
(ご飯とよく)合う☆☆☆ご飯すすむ!!


5.うにからすみ(熊本県天草市)

熊本県天草の極上食材を使った”すにからすみ”

~食材の特徴~
高級珍味からすみと、天草名産のうにをブレンドし、1週間低温熟成
うにの風味とからすみの絶妙な塩加減がおりなす極上ハーモニー

(ご飯の上にうみからすみを載せて賞味)
うわー!う”おっ!うまーーーー!!!うにとからすみが合体していることによって、わけわからん美味しいもんに変わってますね!冷蔵庫に絶対なかったらアカンもんやん!

 

今回は、九州応援スペシャルでした。

録画放送でしたが、今日も、ウマイ☆☆☆!を楽しませて頂きました。

宮川大輔のうまーーい!!で気分爽快、 今日も笑顔で元気な@rokuでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です